略歴について 研究について

略歴について

氏名 新居 理有 (あらい りある)
現在の職業 高知工科大学 経済・マネジメント学群 講師 (2015.03-至現在)
住所 780-8515, 高知県高知市永国寺町2-22
E-mail arai.real (at) kochi-tech.ac.jp
[ ご不便をおかけしますが, (at) の部分を @ に置き換えてください.]
ホームページ http://real-a.net/index.html
取得学位 2005. 学士(経済),京都大学.
2007. 修士(経済学),京都大学大学院.
2012. 博士(経済学),京都大学大学院.
主な研究分野 財政政策,財政学,公共経済学,マクロ経済学.

Professional Experiences

2015.04 - (至現在)
高知工科大学 経済・マネジメント学群 講師
2014.04 -2015.03
広島修道大学人間環境学部 非常勤講師
2013.02 - (至現在)
財務省財務総合政策研究所 客員研究員
2011.09 - 2015.03
広島大学 大学院社会科学研究科 特任助教
2010.04 - 2011.08
京都大学経済研究所 先端政策分析研究センター 研究員
2010.04 - 2011.09
龍谷大学経営学部 非常勤講師
2010.04 - 2011.09
甲南大学経済学部 非常勤講師
2009.10 - 2010.02
京都大学経済研究所リサーチアシスタント (受入教員:柴田章久教授)
2009.06 - 2009.09
京都大学経済研究所リサーチアシスタント (受入教員:有賀健教授)
2008.10 - 2009.03
京都大学経済研究所リサーチアシスタント (受入教員:柴田章久教授)
2008.06 - 2008.09
京都大学経営管理大学院ティーチングアシスタント(科目:金融論,受入教員:島本哲朗教授
2007.10 - 2008.02
京都大学経済研究所リサーチアシスタント (受入教員:柴田章久教授)
2006.04 - 2011.03
資格の学校TAC 公務員試験対策講座 非常勤講師

教育歴

2014   経済学入門; 学部2-4回生向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
広島修道大学人間環境学部
2012-2014   教養ゼミ ; 学部1回生向け演習; 週2時間15週に渡り開講.
広島大学経済学部
2012-2014   財政学3 ; 学部3-4回生向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
広島大学経済学部
2012-2013   経済分析特講; 大学院修士課程向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
広島大学大学院社会科学研究科
2012-2013   財政学4 ; 学部3-4回生向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
広島大学経済学部
2012   日本財政の現状と将来見通し; 高校1-2年生向け講義; 進路研究セミナーにて開催.
広島市立基町高等学校
2012   現代経済を考える ; 学部1回生向け講義; 週2時間1週分を担当.
広島大学経済学部
2011   経済分析特講(財政の持続可能性の経済学); 大学院修士課程向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
広島大学大学院社会科学研究科
2011   特別講義(財政政策); 学部3-4回生向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
広島大学経済学部
2010-2011   ミクロ経済学入門(演習); 学部1回生向け演習; 週2時間15週に渡り2クラス開講.
甲南大学経済学部
2010-2011   マクロ経済学; 学部3-4回生向け講義; 週2時間15週に渡り開講.
龍谷大学経営学部
2010   マクロ経済学入門(演習); 学部1回生向け演習; 週2時間15週に渡り2クラス開講.
甲南大学経済学部


研究について

ほとんどのファイルはpdfファイルです.pdfファイルの閲覧には,Acrobat Reader が必要です.


査読付き学術論文

Arai R. and Nakazawa, M. (2014), "A Numerical Analysis of Japan's Fiscal Sustainability in a Simple OLG Model", Applied Economics Letters, Vol.21, pp.1194-1197. [雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]
manuscript は こちらから [PDF format] (2014.06.16:更新)

Arai R. and Ueda J. (2013), "A Numerical Evaluation of the Sustainable Size of the Primary Deficit in Japan", Journal of the Japanese and International Economies, Vol.30, pp. 59-75. [雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]
改訂版は こちらから [PDF format] (2013.10.05:更新),KIER DP version, PRI DP version

Arai R. (2011), "Productive Government Expenditure and Fiscal Sustainability", FinanzArchiv (Public Finance Analysis),Vol. 67, No. 4, pp. 327-351.[雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]
改訂版は こちらから [PDF format] (2011.09.18:更新)


その他学術論文

石川 大輔,中川 雅央,中澤 正彦,新居 理有,上田 淳二 (2014), 「多部門開放経済型の世代重複モデルの構造とそのシミュレーション結果―少子高齢化の下での我が国の将来的な経済構造に関する定量的分析」, 『フィナンシャル・レビュー』, 第117号,96-120頁. [雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]


ワーキングペーパー

Arai R. and Naito, K., (2014), "A Politico-economic Approach on Public Debt in an Endogenous Growth Economy", MPRA Working Paper No.56213, Munich Personal RePEc Archive. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]

Arai R., Kunieda T., and Nishida K. (2014), "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?", KIER Discussion Paper No.884, Kyoto University. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]
以前の版:Arai R., Kunieda T., and Nishida K. (2013), "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?", Department of Economics and Finance Working Paper No.2012037, City University of Hong Kong. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]

Ishikawa D., Ueda J., and Arai R. (2012), "Future Changes of the Industrial Structure due to Aging and Soaring Demands for Health Care Services in Japan --- an Analysis Using a Multi-Sector OLG Model in an Open Economy", PRI Discussion Paper Series No.12A-14, Ministry of Finance Japan. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]

Arai R. and Kunieda T. (2011), "Sustainability of Fiscal Policy Rules and Credit Constraints: Theory and Evidence", Department of Economics and Finance Working Paper No.2011001, City University of Hong Kong. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]
以前の版:Arai R. and Kunieda T. (2010), "Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare", KIER Discussion Paper No.732, Kyoto University. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]



報告書等

2012,「マクロ計量モデルの高度化・拡張と財政経済の長期シミュレーション」,京都大学経済研究所.
[第5章「多部門開放経済型世代重複モデル (multi-sector OLG model in an open economy)を用いた人口構造変化に関する長期的な影響分析」を石川大輔,上田淳二,新居理有らの共同にて,
第6章「日本における維持可能な基礎的財政赤字の数量的分析」を新居理有,上田淳二らの共同にて,それぞれ執筆.]

2011,「財政経済の将来展望のためのマクロ計量モデルの高度化・拡張」,京都大学経済研究所.
[第8章「世代重複モデルを用いたシミュレーション」を上田淳二,石川大輔,新居理有,石田良らの共同にて執筆.]


研究報告

2014.06, "A Politico-economic Approach on Public Debt in an Endogenous Growth Economy",
一橋大学経済研究所公共経済ワークショップ,於:一橋大学.
2014.03, "A Numerical Analysis of Japan's Fiscal Sustainability in a Simple OLG Model",
SMU-NTU-HUE-HU International Conference on Economics and Econometrics,於:Hiroshima University.
2014.02, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
一橋大学経済研究所マクロ金融ワークショップ,於:一橋大学.
2014.01, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
神戸大学マクロ経済学研究会,於:関西学院大学.
2013.12, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
DSGE conference 2013,於:京都大学.
2013.11, "A Politico-economic Approach on Public Debt in an Endogenous Growth Economy",
2013年度公共選択学会,於:駒澤大学.
2013.11, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
マクロ経済学研究会,於:大阪大学中之島センター.
2013.10, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
帝塚山大学経済経営研究所 経済学ワークショップ,於:帝塚山大学.
2013.09, "A Numerical Analysis of Japan's Fiscal Sustainability in a Simple Overlapping Generations Model",
CAPS研究会,於:京都大学経済研究所.
2013.08, "A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan",
The 69th Annual Congress of the International Institute of Public Finance,於:Hotel Villa Diodoro, Italy.
2013.08, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
Singapore Economic Review Conference 2013,於:Mandarin Orchard Singapore, Singapore.
2013.03, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
Joint NTU-Hiroshima Workshop,於:Nangyan Technological University, Singapore.
2013.03, "A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan",
Western Economic Association International 10th Biennial Pacific Rim Conference,於:Keio University, Japan.
2012.11, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
岡山大学現代経済セミナー,於:岡山大学.
2012.11, "A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan",
滋賀大学経済学部講演会,於:滋賀大学.
2012.11, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
名古屋市立大学経済研究所セミナー,於:名古屋市立大学.
2012.10, "A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan",
2012年日本財政学会,於:淡路夢舞台国際会議場.
2012.10, "Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?",
Macroeconomics and Econophysics Workshop,於:専修大学.
2012.10, "A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan",
2012年日本経済学会秋季大会(一般報告),於:九州産業大学.
2012.06, "A Numerical Evaluation on a Size of Sustainable Fiscal Deficit in Japan",
関西公共経済学研究会,於:関西学院大学.
2012.03,「日本における維持可能な基礎的財政赤字の数量的分析」,
   「マクロ計量モデルの高度化・拡張と財政経済の長期シミュレーション」研究会,於:財務省財務総合政策研究所.
2011.10, "A Numerical Evaluation on the Size of Sustainable Fiscal Deficit in Japan",
中央大学経済研究所公開研究会(ヒューマンエコノミー研究部会),於:中央大学.
2011.04, "Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare",
Royal Economic Society 2011 Annual Conference,於:Royal Holloway, University of London, UK.
2011.01, "Markov Perfect Equilibria with Public Debt in a Political Economy",
福岡大学先端経済研究センター研究会,於:福岡大学.
2010.11, "Markov Perfect Equilibria with Public Debt in a Political Economy",
経済理論・政策ワークショップ,於:首都大学東京.
2010.09, "Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare",
2010年日本経済学会秋季大会(一般報告),於:関西学院大学.
2010.09, "Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare",
京都大学マクロ経済学研究会,於:京都大学.
2010.08, "Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare",
Summer Workshop on Economic Theory 2010, 於:北海道大学.
2010.04, "Sustainable Fiscal Policy, Credit Constraints, and Economic Growth",
京都大学ランチタイムワークショップ,於:京都大学.
2009.06, "Productive Government Expenditure and Fiscal Sustainability",
2009年日本経済学会春季大会(一般報告),於:京都大学.
2009.03, "Productive Government Expenditure and Fiscal Sustainability",
関西院生研究会,於:大阪大学.

獲得した研究費

研究代表者
研究分担者・協力研究者など

査読暦

Journal of Public Economics (3+), Journal of Economics, Singapore Economic Review, Economic Modelling



討論者・座長

討論者
2014.10, 池田亮一, 「消費税増税と摩擦的失業」,
    2014年度日本財政学会,於: 中京大学.
2014.06, Ko, J.H., "Fiscal Sustainability and Regime Shifts in Japan",
    2014年度日本経済学会春季大会,於: 同志社大学.
2013.11, Mizuno, N., "Political Structure as a Legacy of Indirect Colonial Rule: Bargaining between National Governments and Rural Elites in Africa",
    2013年度公共選択学会,於: 駒澤大学.
2013.08, Hou, Y., "A Rule-based Time-consistent Path of Debt Use for Subnational Governments",
    The 69th Annual Congress of the International Institute of Public Finance, 於: Hotel Villa Diodoro, Italy.
2013.07, Yamada, J., "Fiscal Consolidation and Intergenerational Inequality in Japan",
    The Ninth Annual Conference of the Asia-Pacific Economic Association, 於: Osaka University, Japan.
座長
2013.07, session 6C, "Open economy and Regional Integration",
    The Ninth Annual Conference of the Asia-Pacific Economic Association, 於: Osaka University, Japan.

オーガナイザー


Back to Top

This site is constructed by Real.
E-mail: real (atmark) hiroshima-u.ac.jp