研究

リンク先のほとんどのファイルはpdfファイルです.pdfファイルの閲覧には,Acrobat Reader が必要です.

 

査読付き学術論文

Nakagawa Y., Arai R., Kotani K., Nagano, M., and Saijo, T. (2019), “An Intergenerational Retrospective Viewpoint Promotes Financially Sustainable Attitudes,” Futures (in press). [雑誌のページ,外部リンク]
The working paper version is here [external link, PDF format]. 

Arai, R., Naito, K., and Ono, T., (2018), “Intergenerational Policies, Public Debt, and Economic Growth: A Politico-economic analysis,” Journal of Public Economics, Vol. 166, pp.39-52. [雑誌のページ,外部リンク]
working paper 版は こちらから [external link, PDF format].
この論文は,以下の二つの論文を統合し修正した版です:Arai R. and Naito, K. (2014) and Ono (2015).

Arai, R. and Nakazawa, M. (2014), “A Numerical Analysis of Japan’s Fiscal Sustainability in a Simple OLG Model,” Applied Economics Letters, Vol.21, pp.1194-1197. [雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]
working paper 版は こちらから [PDF format] (2014.06.16:更新)

Arai, R. and Ueda, J. (2013), “A Numerical Evaluation of the Sustainable Size of the Primary Deficit in Japan,” Journal of the Japanese and International Economies, Vol.30, pp. 59-75. [雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]
改訂版は こちらから [PDF format] (2013.10.05:更新),KIER DP versionPRI DP version

Arai, R. (2011), “Productive Government Expenditure and Fiscal Sustainability,” FinanzArchiv (Public Finance Analysis),Vol. 67, No. 4, pp. 327-351.[雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]
改訂版は こちらから [PDF format] (2011.09.18:更新).

 

その他学術論文

新居 理有 (2015),「政治過程を通じた公債決定のメカニズム」,『公共選択』,第64号,119−134頁.[雑誌情報のページ,外部サイトへジャンプします]

石川 大輔,中川 雅央,中澤 正彦,新居 理有,上田 淳二 (2014), 「多部門開放経済型の世代重複モデルの構造とそのシミュレーション結果―少子高齢化の下での我が国の将来的な経済構造に関する定量的分析」, 『フィナンシャル・レビュー』, 第117号,96-120頁. [雑誌のページ,外部サイトへジャンプします]

 

書籍

赤井伸郎(編著),新居 理有,他 (2017),『実践 財政学−基礎・理論・財政を学ぶ』,有斐閣.
※第2章「財政赤字とマクロ経済」の執筆を担当.
[書籍紹介,外部サイトにジャンプします]

 

ワーキングペーパー

Arai, R., Kunieda, T., and Nishida, K. (2014), “Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?,” KIER Discussion Paper No.884, Kyoto University. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]
以前の版:Arai R., Kunieda T., and Nishida K. (2013), “Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?,” Department of Economics and Finance Working Paper No.2012037, City University of Hong Kong. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]

Ishikawa, D., Ueda, J., and Arai, R. (2012), “Future Changes of the Industrial Structure due to Aging and Soaring Demands for Health Care Services in Japan — an Analysis Using a Multi-Sector OLG Model in an Open Economy,” PRI Discussion Paper Series No.12A-14, Ministry of Finance Japan. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]

Arai, R. and Kunieda, T. (2011), “Sustainability of Fiscal Policy Rules and Credit Constraints: Theory and Evidence,” Department of Economics and Finance Working Paper No.2011001, City University of Hong Kong. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]
以前の版:Arai, R. and Kunieda, T. (2010), “Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare”, KIER Discussion Paper No.732, Kyoto University. [PDF format, 外部サイトにジャンプします]

 

報告書等

2012,「マクロ計量モデルの高度化・拡張と財政経済の長期シミュレーション」,京都大学経済研究所.
[第5章「多部門開放経済型世代重複モデル (multi-sector OLG model in an open economy)を用いた人口構造変化に関する長期的な影響分析」を石川大輔,上田淳二,新居理有らの共同にて,
第6章「日本における維持可能な基礎的財政赤字の数量的分析」を新居理有,上田淳二らの共同にて,それぞれ執筆.]

2011,「財政経済の将来展望のためのマクロ計量モデルの高度化・拡張」,京都大学経済研究所.
[第8章「世代重複モデルを用いたシミュレーション」を上田淳二,石川大輔,新居理有,石田良らの共同にて執筆.]

 

研究報告(一部のみ)

2018.03,”Public Debt Policy in a Political Economy”,
The 55th Annual Meeting of the Public Choice Society, 於:Francis Marion Hotel, Charleston, SC, US.
2018.01, 「国と地方の財政に関するフューチャー・デザイン」,
第1回フューチャー・デザイン・ワークショップ,於:総合地球環境学研究所.
2018.01, “Intergenerational Conflict over Fiscal Consolidation: Theory and Evidence from Japan”,
OAP-PRI Economics Workshop Series–Bank, Corporate and Sovereign Debt,於:財務総合政策研究所.
2017.11, “Public Debt Policy in a Political Economy”,
公共選択学会2017年度大会, 於:関西学院大学.
2016.09, “Public Debt Policy in a Political Economy”,
2016年度日本財政学会全国大会, 於:京都産業大学.
2014.06, “A Politico-economic Approach on Public Debt in an Endogenous Growth Economy”,
一橋大学経済研究所公共経済ワークショップ,於:一橋大学.
2014.03, “A Numerical Analysis of Japan’s Fiscal Sustainability in a Simple OLG Model”,
SMU-NTU-HUE-HU International Conference on Economics and Econometrics,於:Hiroshima University.
2014.02, “Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?”,
一橋大学経済研究所マクロ金融ワークショップ,於:一橋大学.
2013.11, “A Politico-economic Approach on Public Debt in an Endogenous Growth Economy”,
2013年度公共選択学会,於:駒澤大学.
2013.08, “A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan”,
The 69th Annual Congress of the International Institute of Public Finance,於:Hotel Villa Diodoro, Italy.
2013.08, “Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?”,
Singapore Economic Review Conference 2013,於:Mandarin Orchard Singapore, Singapore.
2013.03, “Is Public Debt Growth-Enhancing or Growth-Reducing?”,
Joint NTU-Hiroshima Workshop,於:Nangyan Technological University, Singapore.
2013.03, “A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan”,
Western Economic Association International 10th Biennial Pacific Rim Conference,於:Keio University, Japan.
2012.10, “A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan”,
2012年日本財政学会,於:淡路夢舞台国際会議場.
2012.10, “A Numerical Evaluation on a Sustainable Size of Primary Deficit in Japan”,
2012年日本経済学会秋季大会(一般報告),於:九州産業大学.
2012.03,「日本における維持可能な基礎的財政赤字の数量的分析」,
   「マクロ計量モデルの高度化・拡張と財政経済の長期シミュレーション」研究会,於:財務省財務総合政策研究所.
2011.04, “Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare”,
Royal Economic Society 2011 Annual Conference,於:Royal Holloway, University of London, UK.
2010.09, “Sustainable Public Debt, Credit Constraints, and Social Welfare”,
2010年日本経済学会秋季大会(一般報告),於:関西学院大学.
2009.06, “Productive Government Expenditure and Fiscal Sustainability”,
2009年日本経済学会春季大会(一般報告),於:京都大学.

 

獲得した研究費

研究代表者(科研費)
  • 科学研究費助成事業 基盤研究(C) (2018.04-2021.03), 日本学術振興会,
    研究課題:「世代間の異質性を考慮した財政破綻による政府債務削減がマクロ経済に与える影響の
    解明」(課題番号: 18K01658),交付額:4,290千円.
  • 科学研究費助成事業 若手研究(B) (2015.04-2018.03), 日本学術振興会,
    研究課題:「政治過程を通じた公債政策の決定メカニズムの解明」(課題番号: 15K17018),交付額:1,700千円.
  • 科学研究費助成事業 若手研究(B) (2011.04-2014.03),日本学術振興会.
    研究課題:「日本における財政の維持可能性の数量的分析」(課題番号:23730298),交付額:1,500千円.

 

研究代表者(その他)
  • 「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2018.04-2019.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「世代間の異質性を考慮した,少子高齢化の下で財政政策が日本経済に与える効果に関するマイクロデータと動学的一般均衡理論を用いた分析」,研究分担者:小嶋大造(京都大学),中澤正彦(財務省),大野太郎(信州大学),三好向洋(愛知学院大学),堀勝彦(琉球大学),小寺剛(富山大学),交付額:600千円.
  • 「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2017.04-2018.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「動学確率的一般均衡モデルとマイクロデータを活用した,近年の成長戦略や財政再建策が日本のマクロ経済に与える影響の解明」,研究分担者:小嶋大造(京都大学),中澤正彦(財務省),大野太郎(信州大学),三好向洋(愛知学院大学),玉井寿樹(名古屋大学),堀勝彦(琉球大学),交付額:600千円.
  • 「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2016.04-2017.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「実証分析及び理論モデル分析を通じた,近年の財政制度改革が将来の日本財政・マクロ経済に与える効果に関する研究」,研究分担者:小嶋大造(京都大学),中澤正彦(財務省),大野太郎(信州大学),三好向洋(愛知学院大学),玉井寿樹(近畿大学),堀勝彦(琉球大学),交付額:600千円.
  • 「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2014.04-2015.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「日本財政の再建策がマクロ経済に与える効果に関する動学的一般均衡分析」,研究分担者:中澤正彦(京都大学),平賀一希(東海大学),堀勝彦(帝塚山大学),近藤豊将(内閣府,経済社会総合研究所).
  • 「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2012.04-2013.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「日本における財政の維持可能性の数量的分析」,研究分担者:中澤正彦(京都大学),堀勝彦(帝塚山大学).
  • 京都エラスムス計画 国際研究集会等派遣 (2011.04), 京都大学.
  • 京都大学若手研究者スタートアップ研究費 (2010.10-2011.03), 京都大学.
    研究課題:「日本における財政の維持可能性の数量的分析」

 

研究分担者・協力研究者など
  • (研究分担者)「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2016.04-2018.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「グローバル化と不確実性の経済分析」,研究代表者:浅野貴央(岡山大学).
  • (研究分担者)「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2015.04-2016.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「財政制度改革が家計の税負担及びマクロ経済に与える影響に関する定量分析」,研究代表者:大野太郎(信州大学).
  • (研究分担者)科学研究費助成事業 基盤研究(A) (2013.04-2018.03),日本学術振興会.
    研究課題:「リーダーの教育・選抜・ガバナンスの実態と日本経済に与えるその影響」(課題番号:25245040),研究代表者:瀧井克也(大阪大学).
  • (研究分担者)「先端経済理論の国際的共同研究拠点」プロジェクト研究 (2013.04-2014.03),京都大学経済研究所.
    研究課題:「不確実性の資産価格および資産蓄積への影響」,研究代表者:浅野貴央(岡山大学).

 

査読暦

Journal of Public Economics , Journal of Economics, Singapore Economic Review, Economic Modelling

 

討論者・座長

討論者
2017.06, Shioji, E., “Extracting Fiscal Policy Expectations from a Cross Section of Daily Stock Returns”,
2017年度日本経済学会春季大会,於:立命館大学.
2014.10, 池田亮一, 「消費税増税と摩擦的失業」,
    2014年度日本財政学会,於: 中京大学.
2014.06, Ko, J.H., “Fiscal Sustainability and Regime Shifts in Japan”,
    2014年度日本経済学会春季大会,於: 同志社大学.
2013.11, Mizuno, N., “Political Structure as a Legacy of Indirect Colonial Rule: Bargaining between National Governments and Rural Elites in Africa”,
    2013年度公共選択学会,於: 駒澤大学.
2013.08, Hou, Y., “A Rule-based Time-consistent Path of Debt Use for Subnational Governments”,
    The 69th Annual Congress of the International Institute of Public Finance, 於: Hotel Villa Diodoro, Italy.
2013.07, Yamada, J., “Fiscal Consolidation and Intergenerational Inequality in Japan”,
    The Ninth Annual Conference of the Asia-Pacific Economic Association, 於: Osaka University, Japan.
座長
2013.07, session 6C, “Open economy and Regional Integration”,
    The Ninth Annual Conference of the Asia-Pacific Economic Association, 於: Osaka University, Japan.

 

オーガナイザー

  • 2014.09, オーガナイザー:「財政政策とマクロ経済」研究集会,京都大学.
    [共同オーガナイザー:中澤正彦(京都大学)].
  • 2013.02, オーガナイザー:「財政政策とマクロ経済」研究集会,京都大学.
    [共同オーガナイザー:中澤正彦(京都大学)].
  • 2012.12, ローカルオーガナイザー:DSGE Conference 2012,広島大学.
    [オーガナイザー:奴田原健悟(専修大学),稲葉大(関西大学),平賀一希(慶應義塾大学)].